体験記事

40代女性の白髪染め問題。ヘナ3か月目の私がメリットデメリットを書く。

今も昔も髪は女の命です。
昭和生まれの私はそのように育てられました。

40代女性の皆さま髪のお悩みは何でしょう?
「白髪も出るし、髪はうねるし、頭皮も気になる!」
カラーを続ければ毛は細くなり、
縮毛矯正は負のループから抜け出せず、
薬剤ばかりで頭皮に良くないと思いつつ数年。

ある日頭の中にヘナ染め」
そんな言葉が降ってきました。

今回はヘナ染め3か月目の私が、今感じているメリット・デメリットを書きます。

スポンサーリンク

「ヘナ・白髪染め」とは

まず、”ヘナ”のお勉強をしました。
たくさんのページ読みましたが、
一番心惹かれたのがハナヘナとゆうヘナでした。

引用はハナヘナ考案された岡本さんのページから。
ヘナとは何か書かれています。

古くは世界中に分布していたヘナ。

ヘナの色素の元であるローソニアというオレンジ色素が髪の毛や爪といった
タンパク質でできた部位に着色することで色がつきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天然100%のヘナは化学薬品で作られたヘアカラーのように
黒髪を明るくすることはできませんので、主に白髪染めに使われることが多いですね。

白髪にはオレンジに色がつきます。
オレンジ色が目立つ方には、インディゴという植物を後染めすることで
自然なブラウンになります。

ヘナ愛を感じるブログでとても引き込まれ
ハナヘナ体験に至ります。

施術前に理解していたポイントはこちら。

色は基本選べないようだ(オレンジ)
頭皮・髪にいい(デトックス効果)
くせ毛が扱いやすくなるかも(直毛になるわけではない)

ここで一つ問題が発生しました。
セルフか美容室か問題です。
自宅から最寄りのハナヘナ取扱美容室を調べたところ

車で約1時間⁈

仕方なくセルフ施術にチャレンジすることにしました。

自宅でヘナ染めしてみての結果

早速ネットでハナヘナを購入し、
どのタイミングで染めるのが最善か考えました。

考えすぎですか?
いえいえ、こんな口コミがあったのです。
「ヘナ染め直後はオレンジ色が強すぎて恥かしい」
「ヘナ染め直後のニオイが苦手」等々…

学校行事など確認後いざヘナ染め!
ニオイは口コミ通り草の香り。
数日間は髪に草の香りが残っていました。

オレンジ色は思ったほど強くなく一安心。
正直、拍子抜けするほど。
最悪の事態を考えていた数週間は何だったのでしょうか?

ところが一つだけ気になることが。
数日経過しても髪のキシミが落ち着きません。
キシミの口コミも読んだので想定内。
いつになったら指通りが戻るんだろう…

そんな時頭に浮かんだのが、
自宅から車で1時間のハナヘナ取扱美容室でした。

スポンサーリンク

美容室でヘナ染めを体験

自分ではどうすることもできず、美容室へ電話を入れました。
ハナヘナの考案者さんのブログを読んでると、やはり悪いものではない。
(と、思いたかった。)
現状を伝え、パッチテストと施術の予約を入れました。

当日施術中に
ヘナについて教えてもらいました。

その話の中で出てきた言葉が
「ものよりこと」

「いいものを使ってもやり方を間違えば効果は少ない」
とゆう意味だそうです。

この言葉を私は
「そこそこのものでも正しい使い方をすれば効果あり」
に変換しました。

ハナヘナ3か月目の今はこのような状態

 

 

 

 

 

  以前かけた縮毛矯正がまだ残っていますが、
中の方は癖が出てきた状態です。
引き続き、月1ヘナとカットで通いながら
約1年半かけて全て地毛にしてみます。

美容室には大満足で遠いながら通っていますが、
デメリットは月々の美容費です。
一般的なカラーはリタッチ料金がありますが、
こちらのお店にはそのようなメニューはありません。

自分の気持ち的には、
ヘナは頭皮のためにもなってる(=健康)と
割り切って考えています。

ヘナ染め体験後メリット・デメリットをまとめてみた

私が体験したハナヘナの
メリットデメリットをランキング形式で発表します!

メリット
①手入れが楽(美容室からあえて何もしないことをすすめられています)
②頭皮の調子が良い(手入れが適当なのにこれはすごい)
③艶が出てきた(後ろ姿でしかわかりません)

デメリット
①色が選べない(ブルーベースなのでアッシュ系の方が似合うらしい)
②至近距離でよく見ると白髪がオレンジ色(当たり前ですね)
③染めた後はやはり数日においが気になる(指摘受けたことはありません)

少し補足します。

メリット第1位の「手入れが楽」について
いろんな意見があると思いますが、ハナヘナ取扱美容室に変えてから、
「シャンプー=頭皮洗浄」ではなく
「シャンプー=髪を洗う」になりました。
さらにいただいたアドバイスが、
髪のお手入れで迷ったら、やらない方を選んでいい。
この2つの理由で日々のストレスが激減しました。

デメリットについて
まず第1位の「色が選べない」
詳しく話すと、オレンジが嫌な方はヘナ後にインディゴで二度染めするそうです。
私は当初二度染めするつもりでパッチテストしました。
(インディゴのパッチテストです)
3位の「におい」については、美容室で染めたほうがニオイはすぐ取れます。
やはりプロですね。

やりたいことは突然降ってくる

皆さんも
ふとやりたいことが降ってきた経験があるかと思います。
今はスマホ一つで何でも調べられますし、
かえって情報が多く迷ってしまうことも少なくありません。

今回のヘナも、以前通っていた美容室で数回止められ、
担当さんは私にマイナス情報をたくさん教えてくれました。

でも、やってしまえば大した問題はありませんでした。
今回は「髪の色を変える」とゆう小さなことですが、
日常の選択ってこうゆうものだと感じています。

今年も残すところ1か月になりました。
一年間頑張った自分へ
「突然降ってきたことにチャレンジさせてあげる」
こんなご褒美も素敵ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ABOUT ME
猫も毛づくろい
1976年生まれ、同い年の夫、長男(16歳)、次男(10歳)との4人家族。 長年勤めた会社を退職し、就活&専業主婦。 ブログはいつかの自分へ向けて書いています。
スポンサーリンク