気づいたことの整理

「今できる最善を常に考えてます。」そんな女性に出会った話。

今日も日記。

もう日記ブログでいいかも。

お母さんの日記を子どもが読んでしまった
(;゚Д゚)
みたいな感じ。

昨日は月イチの寺ヨガでした。

ヨガと座禅をし、その後「心の瞑想」。

心の瞑想は初めてでした。

お題を先生が出してくれて、
自分の答えをノートに書きシェア出来る人は発言する。
そうゆうものでした。

お題はいろいろ、
好きなこと・幸せ・嫌いなこと・自分のいいところ。

メンバーは先生含め4人。

それぞれ似てるとこ似てないとこがあり、
他人とのシェアする機会が楽しかった。

その中での発言に、
「今自分ができる最善を行動している」
そんな言葉が出て、ハッとした。

今までの私を振り返ったよ。

昔の私は
私が●●したい!
あいつムカつくから▲▲言ってやった!
そんな汚い心だった。

目的もゴールもなく、
目の前のことに反応するだけの日々。

自分も周りも似た人ばっかりだった。

 

今自分がいる場所での最善を尽くす。

なんて素敵な言葉なんでしょう。

そう言える彼女がとても素敵。

ワークの中で3・11の時も
同僚がワタワタする中で、
非常ドアを開け逃げ道の確保をした。
もうここには戻れないと思い、
同僚が何も持たず避難する中
自分は荷物を持ち避難したそう。
その判断のおかげで、自分はすぐに自宅に帰れたと。

すごっ
( ゚Д゚)

毎朝適切性との一致のイメージをして一週間。

ハッピーなお知らせ動画をよく聴いていたら、
私が幸せになる事は奇跡ではなく当然なんだと思えてきた。

何か予定外なことが起きても
適切性と一致を望んだから悪い結果にはならないだろう。
そう思い整えられる。

受取り許可さえ出せば受け取れる。

そのヒントは世の中にあふれている。

それを自分流に落とし込んでご機嫌で過ごす。

毎日気付いたことノートに書いて、
ブログで整理して。

ありがとう。
今日も幸せです。

そう思える私も素敵(笑)

 

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
猫も毛づくろい
1976年生まれ、同い年の夫、長男(16歳)、次男(10歳)との4人家族。 長年勤めた会社を退職し、就活&専業主婦。 ブログはいつかの自分へ向けて書いています。
スポンサーリンク