気づいたことの整理

「豊かさはお金だけではない」この考えかたを知ることで幸せになれる。

お金

豊かさの定義とは
「やりたい事をやりたい時に出来ること」

豊かさとはお金だけ?ほかの豊かさを見てみよう。

おおくの人は
「豊かさ=お金」
このような方程式を心の中に持っています。

私も過去持っていました。

しかし、最近この式が変わりました。
「豊かさ=やりたい事をやりたい時に出来ること」

もちろんお金は豊かさの象徴の一つですが、
稼ぐことだけでは
私の方程式にはあてはまりません。

他にある豊かさ
健康・時間・人間関係・環境・アイデアなどにも
目を向けると豊かな気持ちになれるでしょう。
これらはお金で買えません。

そうゆう目線で考えたときに
確実に豊かになっていることに気づいたのです。

仕事をやめたこと、家事を見直したことで
まず「時間」を受取りました。
過去の私はこの「時間」を手に入れるために
高速や新幹線代にたくさんお金を使っていたのです。

お金のために「人間関係」「健康」を
ないがしろにしていました。

いろんな豊かさがあることを知ると
過去の私はとてもおかしなことをしていたんです。
同僚も、メディアもみんな同じ考えなので疑いもしませんでした。
(見えてる世界は私を映している鏡なので当然なんです)

簡単に方程式が変わったわけではなく
「お金がない不安」「稼がない自分への罪悪感」「諦め」
一通り打ちのめされ今の考えに至ります。

すべて私には必要な経験だったのでしょう。
もちろんこんな経験せず、
今この瞬間から方程式変えたっていいのです。

今ある豊かさに気づくことが幸せへの第一歩

それぞれの環境で形は違えど
豊かさを持っています。

時間や健康はなくても
お金はある。

お金や時間はないけど
人間関係に恵まれている。

長時間働いても収入が少ないと感じる人は
でも自分は命がある。

「ある」にフォーカスできないのは
気づいてないだけか、心が疲れているか。
どちらかだと思っていて。

気づいてないだけなら簡単で
知ればいいだけなんです。

ただ、心が疲れているひとは、
本来自分が背負う必要のないことまで背負ってるんですよね。
まずそれを知ってほしい。
そこからです。

そして、
自分で変化を起こし表現し始めると
その考え方に対して否定的な態度を受けることがあります。
そんな相手は過去の自分だと思って、
気にせず豊かな考えを採用し続けてください。

自分は豊かな面を持っていることに気づくと
心が満たされ、幸せ方向に舵が切れます。

やりたいことがない?大丈夫、忘れているだけだから。

「休日なんか何もすることないから
仕事あるなら出勤しますよ。」

「お盆やお正月の長期休暇なんて
楽しいのは最初だけだ。」

昔の職場での他愛もない会話です。

先日も元同僚にあった時に言われた一言
「家にいたってやる事なくて暇でしょう⁉」

あぁぁ…そうだった。
以前いた世界を思い出しました。
私はそうゆう世界に住んでいたんだ。

素直に答えました。
「楽しいよ。(新しい世界は)」

在宅の仕事は興味のある事だけしているから
下調べ、準備すら興味持ってできるし。
お金とゆう結果が得られなくても、好きなことへの知識が増え
活かすことで生活の質が良くなっているから。

「やりたいことが見つからない」
よく聞きます。

思い出してほしいんです。
小さい頃はやりたい事やっていたことを。
それはとても些細で何の得にもならないようなこと。
夢中で砂に絵を描いたり、ゴールを目指して走ったり。

本当は自分で知っていることを
思い出してください。

「やりたいことが見つからない」のは
いつの間にか周りの期待に応える自分になっているだけ。
それが「普通」「当たり前」になっているだけです。

出来る範囲で「どうしたい?」と自分に問いかけ、
望みを叶えてあげることで
「やりたい」がどんどん出てくるようになります。

想像してみてください。
ずっと無視されていた内側の小さな自分を。
「あなたの幸せはこっちにあるよ」
「こっちの道が楽で簡単に夢が叶うよ」
その子はずっと話しかけていたかもしれません。

内側の自分と仲直りして
いい意味で「何の得にもならない些細なこと」を
ただただ楽しむ時間を取ってみましょう。

本当の自分で豊かさを出すと自分に返ってくる!

「お金が欲しいなら先に使う」
このような言葉聞いたことありませんか?

正しくて間違っていると考えてて。
勘違いしてどれだけの人がお金を捨てたのでしょう(笑)

まず、ただお金を使ってもお金は入ってこないと思うんです。

お金って豊かさの一つの形で、
この言葉って
「豊かさのエネルギーをポジティブな感情で出すと、豊かさのエネルギーが返ってくる」
だと思うんです。
長いので簡単にしたのでしょう。

豊かさはお金以外のものもありますよね。
先ほども書きましたが
健康・時間・人間関係・環境・アイデアなど。

例えお金が無くてもこれらをポジティブな感情で出すと
どんな形であれ豊かになるという言葉です。

ポジティブな感情にどんな時になれるかというと、
本当の自分になっているときです。
我慢や疲労を感じているときや、損得勘定で行動しているときは
豊かさは戻ることは少なくなります。

「損したくない、奪われたくない」この気持ちは
大変ネガティブです。
もし、金銭的な損をしなくても
ほかの豊かさを失うことになるのかもしれません。

自分に優しくし、ポジティブな感情で表現する。
表に出す手段はいろいろあります。

SNS・ブログやnote・仕事・家庭やボランティア活動など…

本当の自分とつながったポジティブな状態でこれらの活動をしてみよう。
「出すから入ってくる」
想像力を持てばわかりますよね。
絶対豊かさは戻ってくるって!

スポンサーリンク
ABOUT ME
猫も毛づくろい
1976年生まれ、同い年の夫、長男(16歳)、次男(10歳)との4人家族。 長年勤めた会社を退職し、就活&専業主婦。 ブログはいつかの自分へ向けて書いています。
スポンサーリンク