読書感想

罪悪感を消す方法は?「悪魔とのおしゃべり」第一章の整理と感想。

先日図書館で
「悪魔とのおしゃべり」さとうみつろう著
借りました。

今の私には
とても斬新で、読み直しました。

自分の言葉で整理しようと思います。

第1章:悪魔のささやき
理解できるアドバイスなら、そもそも聞く意味がないのさ

苦しみは「正しさ」の副作用と知る

人はどうして苦しむのか?
その理由が書かれています。

簡単に書くと、
自分の中にある正しさが自分を苦しめているのです。

本に書かれていた例は以下の通り。

万引きをして罪悪感に苦しい
→盗みは悪いことだという「正しさ」

早起きは辛いのは
→「遅刻はいけないこと」という「正しさ」

ダイエットが苦しいのは
→「痩せている方が美しい」という「正しさ」

この「正しさ」という思い込み(勘違い)があるから
苦しく辛いと書かれていました。

自分に置き換えて考えてみました。

確かに、
習い事の朝ヨガでの早起きは辛くないし、
運動が楽しいならダイエット苦ではありません。
(万引きはしたことないからイメージできなかった)

本当だ!
「正しい」を基準にすると辛く苦しい。
初めて気づきました。

本に出てくる悪魔は言います。

人間を苦しめているのは
悪なのか正しさという善なのか?

正しさが増えれば増えるほど、
私たちは何者かに縛られていくんではないでしょうか。

自分の中に抱えている「正しさを疑え!」

第一章を私が読んだところ
下記のように善と悪を考えています。

善とは「誰かが決めた正しさ」
悪とは「正しさを疑うこと」

そして外側(社会)の正しさを疑うことより
内側(自分自身)の正しさを疑えと書かれています。

自分が抱え込んだ「正しさ」の数だけ
出来ないことが増えていきます。
自分の可能性を狭くしている行為なのです。

( ゚Д゚)

って、
えーーー⁉
正しいっていいことなんじゃないの?
そう思って(思い込んで)生きてたんですけど…

だから、だから、
自分の中の「正しさ」が減れば減るほど
可能性は広がるわけ!

そう、いま必要なのは
悪になること(正しいを疑うこと)なのです。

これすごくないですか!

全てを疑う。
親、学校、社会のルール。

親のしつけは子供を想ってのことか。
→親の勝手な都合では?

学校で習った事は本当に正しかったか。
→大人になった今どう感じる?

社会のルールは誰の為か。
→市民の為?それとも権力者の為?

「当たり前を疑う」

親として残念なのですが、
本にも書かれていた
「子供は早く寝なさい」というルールは
権力者(親)の都合。
もちろん100%ではありませんが、
子供を早く寝せて自由時間を確保していましたね。

だからといって、悪だとは思いません。
成長、健康を気遣う面もあるし、
残っている家事をしたり、
自由時間にあてたりなどいろんな面があります。

子を早く寝せる良い親=正しい
を手放せるといいですよね。

こんな時は素直に話してもいいのかな。
そう思いました。
「お母さんも好きなことしたい」って伝えるとかね。
そうすることで「親は我慢するもの」という
変な思い込みを子供も持たなくなるのではないでしょうか。

全く理解ができないアドバイスが必要な理由

理解できない領域にしか新しい可能性はない。

??

本に書かれていることを
私なりに書きます。

理解できることとは、
現状の自分が納得できる範囲の知識なわけで、
今の自分と似たり寄ったりの情報ということ。

今上手く行っていないなら、
似たり寄ったりの理解できるアドバイスでは現状維持になる。
自分の知識総動員した結果が今だから。

現状を変えたいのであれば、
理解できない話こそ新たな知識になる。
そこに現状を変える可能性が隠れている。

「怖くなーい?」
私これ読んでちょっと怖かった。

理解できない未知の領域に踏み込む怖さと、
でも、悪魔が話している内容に恐々納得している自分がいる。

本当に今必要なのは悪(疑う)かもしれません。

悪シャワ条約…

続く

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
猫も毛づくろい
1976年生まれ、同い年の夫、長男(16歳)、次男(10歳)との4人家族。 長年勤めた会社を退職し、就活&専業主婦。 ブログはいつかの自分へ向けて書いています。
スポンサーリンク